FC2ブログ

この人とブロともになる

このブログをリンクに追加する

アクセス:

現在の閲覧者数:

新しい本
2009 / 01 / 23 ( Fri )

木のすず文庫に新入りです

夕凪の街桜の国 

「夕凪の街 桜の国」

一昨年でしたか 映画になりましたね

広島で被爆をした主人公の物語と

その弟家族の物語の二部構成です

死ぬことを望まれた人間だから原爆を落とされたんだ

生き残ったことへの罪悪感から自分は幸せになってはいけない

好きになった人から「生きとってくれて ありがとう」といわれ

幸せになっていいんだと思えるようになったとたんの死

原爆投下から10年後のことでした

60年後 東京で暮らす被爆2世の姉弟

終わったはずの戦争でも 原爆症という置き土産が 今でもこれから先もついて回る

あの日広島にいて生き残ることのできた人たちに与えられた試練はとてもむごいものです

忘れてはいけない 

「安らかに眠って下さい/過ちは繰返しませぬから」

と刻まれた石棺に向かってこうべをたれるこの国の元首に心から誓ってほしい

そしてわたしたちも

 

 

 

16:11:23 | 木のすず文庫 | page top↑
| Blog トップ |
,