FC2ブログ

この人とブロともになる

このブログをリンクに追加する

アクセス:

現在の閲覧者数:

キッチン完成
2018 / 08 / 18 ( Sat )
 喫茶スペースに展示用キッチンが完成しました
P1050484キッチン
木のすず木製キッチンを気軽にご覧いただけます
また20年余り使った木のすず厨房の木製キッチンも
経年変化を確認するための参考にしていただけます
13:54:34 | 看板ねこだより | page top↑
2018 ダージリン春摘茶 カングラ春摘茶
2018 / 06 / 06 ( Wed )
 ダージリン他 春摘茶 ご用意できました
どれもトパーズ色の水色が
ヒマラヤの春の息吹を感じさせてくれます

プッタボン農園
P1050449プッタボン

昨年の夏摘みでは個性的な香りを楽しめたプッタボン農園の春摘み茶です
若葉のような清涼感の中にほんのりとナッツの甘さが感じられる
渋みの押さえられたお茶になっています

セリンボン農園
P1050446セリンボン

早春に摘まれたまだ小さな新芽はシルバーチップを多く含み
若葉のさわやかさを持った涼やかな味わいになっています
心地よい渋みも楽しめます

カングラ ダラムサーラ農園
P1050443.jpg

カングラはヒマラヤ山脈の西側に位置しダージリンと並ぶ歴史の長い産地ですが
20世紀初めの大地震で製茶業に大打撃を受けたため
あまり知られていない幻の紅茶産地となっています
その中でも最奥部に位置するダラムサーラ農園のもの
早春に少量だけハンドロールで丁寧に製茶された貴重なお茶を入手しました
ほぼ一針一葉で手摘みされた茶葉は新鮮な緑を持ったまま形を残して製茶され
そそいだお湯の中できれいに広がっていきます
さわやかな香りのなかに穀物をおもわせるほんのりとした甘みを楽しめます






続きを読む
15:35:51 | シーズナルティー | page top↑
水生ワールド SEASON 2
2018 / 05 / 19 ( Sat )
8年ほど前から続いていた水生ワールド
今年の2月にここで生まれためだかさんの
最後の一匹が亡くなりました
自然に任せて水鉢の中は一つの宇宙になっていましたが
ついにリセットすることになりました
メダカたち

植物とカワニナさん その他微生物には
引き続き頑張ってもらって
あたらしいメダカさんを育んでもらいます
ただいま大小さまざまな子が5匹
ヌマエビさんも3匹入ってもらいました
あらたな宇宙の始まりです



11:36:04 | 水生ワールド | page top↑
2017秋摘みダージリン他
2018 / 02 / 07 ( Wed )
2017年産秋摘みのダージリンが入りました。
昨年の6月に起きたダージリン地方の大規模なストライキの影響で
ダージリンの入荷状況が心配されましたが
なんとか素敵なお茶を入手できました。


タルボ農園  クローナル

P10504362017タルボ - コピー

クローナル特有のフルーティーな香りとまろやかな甘さを持った
飲みやすいお茶になっています

※クローナルとは優秀な茶の木を挿し木や接木で栽培するいわゆる「クローン」のことです。

 
マーガレッツホープ農園 チャイナ

P10504382017マーがレッツホープ

人気の農園の飲みやすいダージリン
チャイナ種特有のフラワリーさとマスカテルな香りを時間を追って楽しめます

※チャイナとは優秀な茶の木の種からそだてる世代交代型の茶樹


と言ったってどうして「特有」がそうなるのかよくわかりませんが
好みを探す参考ぐらいにはなりますか


画像準備中


珍しいお茶シリーズ(そんなシリーズいつからあったっけ?)

正山小種 と書いてラプサンスーチョンと読みます

P1050441ラプサンスーチョン

多くのラプサンスーチョンは正露丸のような独特な香りがイメージされていますが、それはヨーロッパなどへの輸出用に松柏でいぶしてあえて香りを強くしているそうで、それがまたイギリスなどで人気があったことから、ラプサンスーチョン=正露丸というイメージが定着したとか。
でも本来のラプサンスーチョンは焙煎乾燥させる際に松の葉をあくまでも熱源として使うことでほんのりとした薫香が付く程度で、茶葉自体の味わいをしっかりと出すことでフルーティーさを感じながらとろりとした濃厚さを味わえるお茶なのです。
武夷山で古来からの製法で作られた本当のラプサンスーチョンを味わってください。

 


11:56:27 | シーズナルティー | page top↑
2018 野良屋カレンダー終了
2017 / 12 / 25 ( Mon )
2018年野良屋カレンダー、店頭販売分は終了しました。

のらやカレンダー  
19:53:00 | 看板ねこだより | page top↑
前ページ | Blog トップ | 次ページ
,